キャンドルデザイナーになるには

MENU

キャンドルを知り尽くすエキスパート

キャンドルデザイナーは、キャンドル製作に関する知識やテクニックを駆使し、キャンドルや各種ワックスを利用して、多種多様なデザインのキャンドルを作る能力を持つと認められる人が認定を受けることができます。

 

また、講師としての資格でもあることから、キャンドルの歴史や構造、利用方法などの知識を、カルチャースクール等でインストラクターとして教えることも可能となります。この資格を獲得しておくと、アクセサリーとともに魅力的なキャンドルをイベントやマーケットなどで販売できるようになり、双方の知識を作成にも生かすことができます。

 

通信講座受講ののち在宅受験がスムーズ

キャンドルデザイナーになるには、認定試験を受験し合格することが必須です。試験は2ヵ月ごとに実施されており、在宅で受験できます。受験申請もネットから簡単に申し込めます。キャンドル製作の材料や、各種キャンドルの特徴、製作の工程などが試験で問われ、製作に必要な知識と技術のレベルが一定以上であると認められた人のみが合格できます。

 

合格基準は70パーセント以上の評価とされ、独学で受験するよりも専門の通信講座で学んでおくほうが、効率よく知識や技術を習得することができます。取得後は、講師としてのスキルやマーケットなどでの販売ノウハウを身につけることも大事です。

 

多彩な魅力を放つキャンドルデザイン

キャンドルデザイナーは、スタンダードなキャンドルを簡単に製作するだけでなく、カラーやデザイン、素材などに創意工夫を行って、今あるキャンドルよりもさらに魅力的なものを生み出す存在でもあります。また、プロとしてクライアントの要望に沿ったキャンドルを製作し、それを最大限に生かすセンスも要求されます。

 

インテリアを飾るアクセサリーとしても人気のボタニカルキャンドルなど、オリジナリティあふれる美しさはもとより、エッセンシャルオイルを加えてアロマテラピー効果のあるキャンドルとして生かすなど、活躍の場が広がります。

 

まとめ

カラフルで美しくアロマの香りも楽しめるキャンドルは、多くの人の心を捉え、さまざまな場所で愛され活用されています。ロマンティックなムードを高めるアイテムとして、ブライダル業界をはじめホテルやレストランのホールでも、キャンドルをより効果的に活用するノウハウを持つキャンドルデザイナーの存在が、ますます重要なものとなっています。

 

ネットショップやイベント、各種マーケットなどでも、アクセサリーと双璧をなす魅力アイテムとして販売され、よりクオリティの高いものを求める人から、キャンドルデザイナーならではの作品が多く望まれています。

関連ページ

ニードルフェルト資格を取るには
ニードルフェルトは羊毛を特殊な針でつついて繊維を絡めることで様々な作品を生み出すことができます。誰でも簡単に動物や植物などの作品やブローチなどアクセサリーを作ることができるため人気があります。
ビーズアクセサリー資格を取るには
アクセサリーを購入する場合、実店舗かネット通販が多いです。ショップには、煌びやかで斬新な、プロのデザイナーや作家が作った立派な商品が並んでいます。
クラフト手芸資格を取るには
自身の手でアクセサリーや財布、おしゃれ雑貨や日用雑貨を作り上げるクラフト手芸は近年、注目を集めています。こういったハンドメイドの作品作りは、自身のセンスで唯一無二の物を作れるという楽しさと共に、工夫するのが面白かったり、作り上げた時の達成感が感じられたりと、魅力は豊富です。
手作り石鹸資格を取るには
アクセサリーや雑貨などの販売を行う場合には、まず販売経路であるマーケットを確保する必要があります。手作り石鹸も雑貨やアクセサリーの一種として販売することができるので、仕事として始めるのは簡単です。