ニードルフェルト資格を取るには

MENU

ニードルフェルトが人気

ニードルフェルト資格を取るには

ニードルフェルトは羊毛を特殊な針でつついて繊維を絡めることで様々な作品を生み出すことができます。誰でも簡単に動物や植物などの作品やブローチなどアクセサリーを作ることができるため人気があります。

 

インターネットのオークションサイトやハンドメイド作品を専門に扱うサイトなどで販売して収入を得ている人たちもいます。ニードルフェルトでは基本的に先端に特殊な引っ掛かりのある1本針を使用しますが、3本の針が並列しているものやペンタイプのものなども存在します。平面・立体に関わらず自由な造形が可能です。

 

誰でも簡単に作ることができる

羊毛フェルトは針と羊毛があれば誰でも簡単にできるという特徴があります。かわいいものからリアルなものまで、作家が求める様々な作品を生み出すことができます。マーケットにおいて高い評価を得ることができれば、作家として副業にすることも可能です。個人作家による多くの優れた作品が、インターネット上の各種マーケットで販売されています。

 

動物や植物、アクセサリーなど様々な作品が生み出されていますがよりクオリティの高い作品を作るためには資格を取得するのが合理的です。試験を受ける場合には、まず通信講座による一定のカリキュラムを受講することで効率的に実力を養成できます。

 

資格を取得してクオリティの高い作品を作る

羊毛フェルトに関する資格にはデザインマスターとアドバイザーの2種類が存在します。デザインマスターは羊毛フェルトに必要な道具やフェルトボールの作り方、刺繍テクニックなど製作に関する技術と知識を有することを証明できます。アドバイザーは製作に関する基礎知識を有することに加えて、講師として適切なアドバイスができることを証明します。そのためアドバイザーの試験に合格すれば、マーケットでアクセサリーなどの販売を行うだけでなくカルチャースクールを開業することもできます。

 

資格の取得によりクオリティの高い作品作りが可能となるだけでなく、副業として収入を得る際にも役立ちます。

 

まとめ

ニードルフェルトは誰でも簡単に作品を作ることができ、クオリティの高い作品はインターネットのマーケットで販売し収入を得ることも可能です。また一定の技術と知識を習得すればカルチャースクールを開業することもできます。

 

羊毛フェルトにはデザインマスターとアドバイザーの2つの資格が存在します。試験に合格することで一定の能力を証明することになります。個人的な趣味として作品を作る場合にも、副業として収入を得る場合にも役立ちます。カルチャースクールの開業を考える場合には、特にアドバイザーの試験に合格し適切なアドバイスを行う能力を証明するのが有効です。

関連ページ

キャンドルデザイナーになるには
キャンドルデザイナーは、キャンドル製作に関する知識やテクニックを駆使し、キャンドルや各種ワックスを利用して、多種多様なデザインのキャンドルを作る能力を持つと認められる人が認定を受けることができます。
ビーズアクセサリー資格を取るには
アクセサリーを購入する場合、実店舗かネット通販が多いです。ショップには、煌びやかで斬新な、プロのデザイナーや作家が作った立派な商品が並んでいます。
クラフト手芸資格を取るには
自身の手でアクセサリーや財布、おしゃれ雑貨や日用雑貨を作り上げるクラフト手芸は近年、注目を集めています。こういったハンドメイドの作品作りは、自身のセンスで唯一無二の物を作れるという楽しさと共に、工夫するのが面白かったり、作り上げた時の達成感が感じられたりと、魅力は豊富です。
手作り石鹸資格を取るには
アクセサリーや雑貨などの販売を行う場合には、まず販売経路であるマーケットを確保する必要があります。手作り石鹸も雑貨やアクセサリーの一種として販売することができるので、仕事として始めるのは簡単です。