手作り石鹸をきれいに包装する方法

MENU

ハンドメイドマーケットの手作り石鹸

ハンドメイドマーケットでは、手作りアクセサリーが代表的な存在ですが、手作り石鹸も販売されています。アクセサリーと同様に包装にもこだわり、買い手が嬉しくなるような演出をすることも大切です。パッケージのセンスが良ければ中身のイメージも良くなります。

 

石鹸がシンプルなほどパッケージはファッショナブルに、デザイン石鹸ならばパッケージはシンプルにする方が、それぞれの良い点が生かされます。グラデーション石鹸やジェル石鹸は透明感を失わないパッケージに、和風や欧風、南国テイストの石鹸は、パッケージも合わせるとあか抜けた商品になります。

 

包装の可能性は無限にある

アクセサリー販売を多く取り扱うハンドメイドマーケットでは、手作り石鹸も人気があり、販売数を勝ち取るには、目を引くパッケージにすることも重要な戦略です。パッケージはオリジナリティを出すことが前提ですが、簡単にセンスの良いパッケージにするには、色々な包装材料を知っておくことも大切です。

 

例えば、可愛い柄の包装紙と、小さなリボンや麻ひもの組み合わせや、茶紙のクラフト袋と英字プリントシール、細いひもを使ったリボンの組み合わせ、小箱と透明袋とくるくるリボンの組み合わせなどです。素材と色、形で無限の可能性が広がります。

 

一番魅力的なパッケージにする方法

手作り石鹸の包装のための材料は、袋や箱、紙袋、シール、リボン、その他にも色々なデコレーションがあります。非常に数多くあり、自分の作った石鹸が一番輝く組み合わせを選ばなければなりません。

 

どの材料をどう使うと可愛く光るのか、どの包み方をすれば石鹸をより魅力的に見せることができるのか、センスを問われる一面なので、手作り石鹸を台無しにしてしまわないよう、基本的なポイントを学ぶ方が良いです。おすすめなのは手芸関係を学ぶことです。そして、手芸関係の認定試験を受けて合格することです。資格を持っていると自信にもなりますし、買い手の信頼も得られます。

 

まとめ

ハンドメイドマーケットで、自分の作品を一番魅力的に見せるためには、パッケージにもこだわる必要があります。センスの良い材料選びと包み方次第で、簡単にオシャレなパッケージにすることができます。ワンパターンにならないため、他と似たようなパッケージにならないため、きれいなパッケージにするためには、手芸関係の勉強をし、認定試験を受けて合格することをおすすめします。

 

受験資格はありませんし、インターネットで申請ができます。受験も在宅なので、誰でも自宅にいながら試験を受けることができます。ハンドメイドマーケットで、他との差をつけたい場合は、取得しておく方が良いでしょう。

関連ページ

クラフト系のアクセサリーの魅力
アクセサリーが大好きで、会社帰りについついストーンマーケットに寄り道したり、アクセサリー販売店に立ち寄る女性は多いことでしょう。
ビーズ系アクセサリーの魅力
女性にとってアクセサリーは自分の個性を簡単に表現できる道具です。キラキラ光る宝石を身につけると、気分も上がり、女子力もぐんとアップします。
パワーストーンブレスレットの作り方
パワーストーンは、その効力と見た目の美しさから多くの人に愛されています。 自宅に置いておく原石の状態のものの他に、アクセサリーとして加工されたものは特に人気が高く、様々な様式の中でブレスレットはもっとも広く使用されているもののひとつです。
手作りキャンドルを上手に作る方法
ご自宅にキャンドルを飾っている人は多いです。部屋に飾ったものはアクセサリーとして明かりや匂いを楽しんだり、快眠効果を期待して使用するなど様々な用途があり、健康や精神安定に大きな効果をもたらします。
アロマ付きの手作りキャンドルが人気!
材料と道具さえ揃えれば、作り方自体は比較的簡単なことから、キャンドルの手作りにトライする人が増えています。
かわいいニードルフェルトを楽しもう
羊毛をニードルと呼ばれる特殊な針でつつくことで、繊維をからめ、好きな形に形成していく手芸をニードルフェルトと呼びます。
ニードルフェルトを販売する時のコツ
ハンドメイドは昔から多くの人に親しまれてきました。今もなおアクセサリーや手芸など人気を集めています。
ビーズアクセサリーを売る時のコツ
ビーズアクセサリーには、ネックレスやブレスレット、ピアス、イヤリングなどがあり、腕を磨けば作れないものはありません。簡単なものから作り始めると、初心者でもはまるのがビーズアクセサリーです。
手作り石鹸を販売する時のポイント
現在のマーケットで人気を集めているのは安全性が確認されているものです。例えばアクセサリーではチェーンに用いられているのもがアレルギーを起こさないか重視されます。
クラフト手芸を販売する時のポイント
現在、市場が広まっているのが、ハンドメイドアクセサリーです。手芸用品店等に行けば、手軽に道具を揃える事が可能で、興味があれば気軽にクラフト手芸を始める事ができるようになっています。
ハンドメイドマーケットの種類と特徴
もっとも簡単なのはネット大手のハンドメイドマーケットに登録することでしょう。サイトごとに違いがあるもののおおむね出品は無料ででき、落札時にのみ手数料が発生するのが特徴です。インターネットは販売側にも簡単なシステムが構築されているので初心者でも始めやすいでしょう。
販売を始めるマーケットの選び方
アクセサリーを販売しようと考えた時、マーケットの選び方で売り上げが大きく左右されるでしょう。
メルカリで売る時の宣伝のコツ
誰でも簡単に物を売ることができるメルカリで、できるだけ早く商品を売るためには宣伝の方法を工夫しなければなりません。他の人と同じ方法で宣伝をしてしまうと目立たなくなってしまうので、自分ならではの方法を考えるようにしましょう。
minneで売る時のコツと注意点
手芸が趣味の方、暇な時間にバッグや小物を作って自分で使っている人は最近多くなっています。自分で使うだけでなく作ったものを売り出したい、そんな人たちに紹介したいサイトがminneです。
ハンドメイド品を欲しがっている人とは
販売するのではなく趣味として割り切るならともかく、ハンドメイド品のアクセサリーを売りたいと思うのならしっかりと需要を把握することが大切です。 現在、ハンドメイドのアクセサリーはお店を持っていなくても簡単にインターネット上で販売できます。
キャラクターを作る時の著作権
映画や小説、絵画や建築、アニメや漫画、音楽を含め、あらゆる著作物には、著作権があります。創造性のある表現に対して発生するこの権利は、著作物を作り上げた地点で発生します。どこかに届け出を出したり、登録したりする必要はなく、著作者が自分の著作物に対して自動的に与えられる権利です
ハンドメイド品はInstagramで宣伝しよう
ここ数年、素人でもアクセサリーの部品ショップなどで部品を購入することでプロ並みのクオリティのアクセサリーを作る人が増えています。
カフェやフリマで売り込みしよう
趣味の範囲でハンドメイドの小物や雑貨を作っている方は多いですが、完成した作品は友達にあげたり、あくまでも自分用だったりする方がほとんどではないでしょうか。
革製品のハンドメイドも人気
革製品はハンドメイドアクセサリーの中でも男女問わず使用できる物の一つです。 作り方一つでソフトなイメージからハードなイメージまで多岐にわたるアイテムに変身するのが特徴です
焼印でおしゃれなデザインをつけよう
焼印とは、革などの素材に印を焼き付ける技術の事を言います。一つ一つ焼き付けるため、自然と焼き色の濃淡などにも違いが出て来るので味わい深い雰囲気を出す事が出来ます。
中年女性に人気が出るビーズアクセサリー
ビーズアクセサリーは、10代や20代といった若い世代だけのものではありません。使う素材やデザインによっては、気品のある落ち着いた作品に仕上がります。
20代女性が欲しがるスマホカバーデザイン
女性はスマホカバーに何を求めるか。20代女性といっても前半後半で求めるものは大きく変わってきます。
ビーズでおしゃれなスマホケースを作ろう
スマートフォンの爆発的な普及により、誰もが外出先でも気軽に通話や、モバイルデータ通信を利用するのが、当たり前になりつつあります。
石鹸とキャンドルのセット販売で売れやすくなる!
そもそもなぜ人々はキャンドルを購入するのでしょうか。灯りがほしいだけであれば照明をつければよいですし、炎の灯りがほしいのであればろうそくで十分です。それなのにもかかわらず、値段も高いこれらの商品を購入する理由は一つです。